IP2Location™ LITE IP-COUNTRY-REGION-CITY-LATITUDE-LONGITUDE-ZIPCODE Database

前書き

IP2Location LITE Database

このデータベースは、いくつかの簡単な手順で、任意のIPアドレスの国、地域または州、都市、緯度、経度、および郵便番号を判別するためのソリューションを提供します。まず、Webサーバーのネットワークプロトコルまたはサーバー側変数からIPアドレスを取得します。次に、IPアドレスを10進形式のIP番号に変換して、データベースクエリを高速化します。最後に、IP2Location™データベースからIP番号を逆引きして、正確な地理的位置を特定します。

このデータの使用について次のように言及することにより、帰属が必要となる個人的または商業的使用は無料です。

高いデータ精度、より多くの記録、カスタマーサポートをお探しの場合は、商用版を入手してください。詳細については、製品比較ページをご覧ください。

特徴

IPアドレスを国、地域または州、都市、緯度と経度、および米国の郵便番号に変換します。

現行版 May 2022
データベースサイズ 45.57 MB (2,966,078 行)
アレイ およびバイナリ(BIN)
ASCIIテキストファイル(CSV)

データベースフィールド

名前 タイプ 説明
ip_from INT (10) / DECIMAL (39,0)†† 最初のIPアドレスはnetblockを示しています。
ip_to INT (10) / DECIMAL (39,0)†† 最後のIPアドレスはnetblockを示しています。
country_code CHAR(2) ISO3166に基づく2文字の国コード。
country_name VARCHAR(64) ISO3166に基づく国名。
region_name VARCHAR(128) 地域または州の名前。
city_name VARCHAR(128) 市の名前。
latitude DOUBLE††† 都市の緯度。都市が不明な場合、デフォルトで首都の緯度になります。
longitude DOUBLE††† 都市の経度。都市が不明な場合、デフォルトで首都の経度になります。
zip_code VARCHAR(30) 郵便番号/郵便番号。

IPv4
†† IPv6
††† Latitude and Longitude are often near the center of population. These values are not precise and should not be used to identify a particular address or household.

データベースのセットアップ

以下は、IPv4データとIPv6データの両方のデータベースをセットアップする手順です。

データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location;
USE ip2location;
CREATE TABLE `ip2location_db9`(
	`ip_from` INT(10) UNSIGNED,
	`ip_to` INT(10) UNSIGNED,
	`country_code` CHAR(2),
	`country_name` VARCHAR(64),
	`region_name` VARCHAR(128),
	`city_name` VARCHAR(128),
	`latitude` DOUBLE,
	`longitude` DOUBLE,
	`zip_code` VARCHAR(30),
	INDEX `idx_ip_from` (`ip_from`),
	INDEX `idx_ip_to` (`ip_to`),
	INDEX `idx_ip_from_to` (`ip_from`, `ip_to`)
) ENGINE=MyISAM DEFAULT CHARSET=utf8 COLLATE=utf8_bin;
データベースのインポート
LOAD DATA LOCAL
	INFILE 'IP2LOCATION-LITE-DB9.CSV'
INTO TABLE
	`ip2location_db9`
FIELDS TERMINATED BY ','
ENCLOSED BY '"'
LINES TERMINATED BY '\r\n'
IGNORE 0 LINES;
データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location
GO

USE ip2location
GO

CREATE TABLE [ip2location].[dbo].[ip2location_db9](
	[ip_from] bigint NOT NULL,
	[ip_to] bigint NOT NULL,
	[country_code] nvarchar(2) NOT NULL,
	[country_name] nvarchar(64) NOT NULL,
	[region_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[city_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[latitude] float NOT NULL,
	[longitude] float NOT NULL,
	[zip_code] nvarchar(30) NOT NULL
) ON [PRIMARY]
GO

CREATE CLUSTERED INDEX [ip_to] ON [ip2location].[dbo].[ip2location_db9]([ip_to]) ON [PRIMARY]
GO
データベースのインポート
BULK INSERT [ip2location].[dbo].[ip2location_db9]
FROM '{PATH TO IP2LOCATION-LITE-DB9.CSV}'
WITH
(
	FORMATFILE = '{PATH TO DB9.FMT}'
)
GO

注:以下のFMTコードをコピーして、DB9.FMTという名前のファイルとしてコンピューターに保存する必要があります。

12.0
10
1 SQLCHAR 0 1 "\"" 0 first_double_quote  Latin1_General_CI_AI
2 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 1 ip_from "",
3 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 2 ip_to "",
4 SQLCHAR 0 2 "\",\"" 3 country_code Latin1_General_CI_AI,
5 SQLCHAR 0 64 "\",\"" 4 country_name Latin1_General_CI_AI,
6 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 5 region_name Latin1_General_CI_AI,
7 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 6 city_name Latin1_General_CI_AI,
8 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 7 latitude "",
9 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 8 longitude "",
10 SQLCHAR 0 30 "\",\"" 9 zip_code Latin1_General_CI_AI

データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location WITH ENCODING 'UTF8';
\c ip2location
CREATE TABLE ip2location_db9(
	ip_from bigint NOT NULL,
	ip_to bigint NOT NULL,
	country_code character(2) NOT NULL,
	country_name character varying(64) NOT NULL,
	region_name character varying(128) NOT NULL,
	city_name character varying(128) NOT NULL,
	latitude real NOT NULL,
	longitude real NOT NULL,
	zip_code character varying(30) NOT NULL,
	CONSTRAINT ip2location_db1_pkey PRIMARY KEY (ip_from, ip_to)
);
データベースのインポート
COPY ip2location_db9 FROM 'IP2LOCATION-LITE-DB9.CSV' WITH CSV QUOTE AS '"';
データベースのインポート
mongoimport -u USERNAME -p PASSWORD --authenticationDatabase admin --drop --db ip2location --collection ip2location_db9 --type csv --file "IP2LOCATION-LITE-DB9.CSV" --fields ip_from,ip_to,country_code,country_name,region_name,city_name,latitude,longitude,zip_code
データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location;
USE ip2location;
CREATE TABLE `ip2location_db9_ipv6`(
	`ip_from` DECIMAL(39,0) UNSIGNED,
	`ip_to` DECIMAL(39,0) UNSIGNED,
	`country_code` CHAR(2),
	`country_name` VARCHAR(64),
	`region_name` VARCHAR(128),
	`city_name` VARCHAR(128),
	`latitude` DOUBLE,
	`longitude` DOUBLE,
	`zip_code` VARCHAR(30),
	INDEX `idx_ip_from` (`ip_from`),
	INDEX `idx_ip_to` (`ip_to`),
	INDEX `idx_ip_from_to` (`ip_from`, `ip_to`)
) ENGINE=MyISAM DEFAULT CHARSET=utf8 COLLATE=utf8_bin;
データベースのインポート
LOAD DATA LOCAL
	INFILE 'IP2LOCATION-LITE-DB9.IPV6.CSV'
INTO TABLE
	`ip2location_db9_ipv6`
FIELDS TERMINATED BY ','
ENCLOSED BY '"'
LINES TERMINATED BY '\r\n'
IGNORE 0 LINES;
データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location
GO

USE ip2location
GO

CREATE TABLE [ip2location].[dbo].[ip2location_db9_ipv6](
	[ip_from] char(39) NOT NULL,
	[ip_to] char(39) NOT NULL,
	[country_code] nvarchar(2) NOT NULL,
	[country_name] nvarchar(64) NOT NULL,
	[region_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[city_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[latitude] float NOT NULL,
	[longitude] float NOT NULL,
	[zip_code] nvarchar(30) NOT NULL
) ON [PRIMARY]
GO

CREATE CLUSTERED INDEX [ip_to] ON [ip2location].[dbo].[ip2location_db9_ipv6]([ip_to]) ON [PRIMARY]
GO
データベースのインポート
BULK INSERT [ip2location].[dbo].[ip2location_db9_ipv6]
FROM '{PATH TO IP2LOCATION-LITE-DB9.IPV6.CSV}'
WITH
(
	FORMATFILE = '{PATH TO DB9.FMT}'
)
GO

注:以下のFMTコードをコピーして、DB9.FMTという名前のファイルとしてコンピューターに保存する必要があります。 FMTコードの最初の行は、bcpのバージョンを示しています。インストールされているMS-SQLに応じてバージョンを変更してください。

12.0
10
1 SQLCHAR 0 1 "\"" 0 first_double_quote  Latin1_General_CI_AI
2 SQLCHAR 0 39 "\",\"" 1 ip_from "",
3 SQLCHAR 0 39 "\",\"" 2 ip_to "",
4 SQLCHAR 0 2 "\",\"" 3 country_code Latin1_General_CI_AI,
5 SQLCHAR 0 64 "\",\"" 4 country_name Latin1_General_CI_AI,
6 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 5 region_name Latin1_General_CI_AI,
7 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 6 city_name Latin1_General_CI_AI,
8 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 7 latitude "",
9 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 8 longitude "",
10 SQLCHAR 0 30 "\",\"" 9 zip_code Latin1_General_CI_AI

データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location WITH ENCODING 'UTF8';
\c ip2location
CREATE TABLE ip2location_db9_ipv6(
	ip_from decimal(39,0) NOT NULL,
	ip_to decimal(39,0) NOT NULL,
	country_code character(2) NOT NULL,
	country_name character varying(64) NOT NULL,
	region_name character varying(128) NOT NULL,
	city_name character varying(128) NOT NULL,
	latitude real NOT NULL,
	longitude real NOT NULL,
	zip_code character varying(30) NOT NULL,
	CONSTRAINT ip2location_db1_pkey PRIMARY KEY (ip_from, ip_to)
);
データベースのインポート
COPY ip2location_db9_ipv6 FROM 'IP2LOCATION-LITE-DB9.IPV6.CSV' WITH CSV QUOTE AS '"';
データベースのインポート
mongoimport -u USERNAME -p PASSWORD --authenticationDatabase admin --drop --db ip2location --collection ip2location_db9_ipv6 --type csv --file "IP2LOCATION-LITE-DB9.IPV6.CSV" --fields ip_from,ip_to,country_code,country_name,region_name,city_name,latitude,longitude,zip_code

AMIと画像

IP2Locationは、データベースを簡単にセットアップするための、無料の事前構成済みですぐに実行できるAMIとイメージを提供します。

サポート

LITE製品に関する技術的な質問/回答を表示するには、 Stack Overflowにアクセスしてください。

ライセンス

データベースのライセンスについては、の一般利用規約を確認してください。

IP2Location™IPアドレスジオロケーションデータベース

Commercial Editionでは、IPアドレスの検索だけではありません。

  • データ精度の向上
  • 最新のデータベースへのアクセス
  • 電子メールによる追加レベルのサポート
Product Upgrade