IP2Proxy™ LITE IP-PROXYTYPE-COUNTRY-REGION-CITY-ISP-DOMAIN-USAGETYPE-ASN-LASTSEEN-THREAT Database

前書き

IP2Proxy Database

このデータベースには、オープンプロキシとして使用されているIPアドレスが含まれています。データベースには、プロキシタイプ、国、地域、都市、ISP、ドメイン、使用タイプ、ASN、最後に確認されたすべてのパブリックIPv4およびIPv6アドレスの脅威のレコードが含まれています。商用版は、VPNアノニマイザー、オープンプロキシ、Webプロキシ、検索エンジンロボット(SES)、Tor出口を対象としています。

匿名プロキシサーバーは、リクエスターの実際のIDまたはIPアドレスを隠すことを目的とした中間サーバーです。調査によると、多くの匿名プロキシユーザーが、オンラインのクレジットカード詐欺、フォーラム、ブログのスパムの原因となっています。

IP2Proxyデータベースは、アクティブに使用されている匿名のオープンプロキシサーバーのリアルタイム検出と並行して、独自の検出アルゴリズムに基づいています。 24時間ごとに匿名プロキシIPアドレスの最新リストを生成します。 Web開発者は、サーバーからのダウンロードを1日1回自動化し、ダウンロードスクリプトを使用して匿名IPアドレスリストをサーバーにインポートできます。ホスト型サービスをご希望の場合は、IP2Proxy™Webサービスを入手できます。

PX9.LITEエディションは、 Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International Licenseの下でライセンスされています。このデータの使用について次のように言及することにより、帰属が必要となる個人的または商業的使用は無料です。

高いデータ精度、より多くの記録、カスタマーサポートをお探しの場合は、商用版を入手してください。詳細については、製品比較ページをご覧ください。

特徴

公開プロキシとして使用されるIPアドレスのリスト。各レコードは、国コード、国名、地域、都市、ISP、ドメイン名、使用タイプ、プロキシタイプ、自律システム、最後に確認された日数、および脅威で構成されます。 VPN、Webプロキシ、Tor出口、データセンター(DCH)、検索エンジンロボット(SES)のIPアドレスについては、商用IP2Proxyデータベースにアップグレードしてください。

現行版 07 May 2021
データベースサイズ 14.75 MB (959,908 Rows)
アレイ ASCII Text File (Comma Delimited) & Binary (BIN)

データベースフィールド

名前 タイプ 説明
ip_from INT (10) / DECIMAL (39,0)†† 最初のIPアドレスはnetblockを示しています。
ip_to INT (10) / DECIMAL (39,0)†† 最後のIPアドレスはnetblockを示しています。
proxy_type VARCHAR(3) プロキシの種類
country_code CHAR(2) ISO3166に基づく2文字の国コード。
country_name VARCHAR(64) ISO3166に基づく国名。
region_name VARCHAR(128) 地域または州の名前。
city_name VARCHAR(128) 市の名前。
isp VARCHAR(256) インターネットサービスプロバイダーまたは会社名。
domain VARCHAR(128) IPアドレス範囲に関連付けられたインターネットドメイン名。
usage_type VARCHAR(11) ISPまたは会社の使用タイプ分類。
  • (COM) 商業の
  • (ORG) 組織
  • (GOV) 政府
  • (MIL) ミリタリー
  • (EDU) 大学/大学/学校
  • (LIB) 図書館
  • (CDN) コンテンツ配信ネットワーク
  • (ISP) 固定回線ISP
  • (MOB) モバイルISP
  • (DCH) データセンター/ウェブホスティング/トランジット
  • (SES) 検索エンジンスパイダー
  • (RSV) 予約済み
asn INT(10) 自律システム番号(ASN)。
as VARCHAR(256) 自律システム(AS)名。
last_seen INT(10) プロキシは数日で最後に見られました。
threat VARCHAR(128) セキュリティの脅威が報告されました。

IPv4
†† IPv6

プロキシタイプ

プロキシタイプ 説明 匿名
VPN VPNサービスの匿名化。これらのサービスは、IPアドレスを隠す目的で、パブリックにアクセス可能なVPNをユーザーに提供します。 高い
TOR Tor出口ノード。 Torプロジェクトは、匿名性を維持したい人が使用するオープンネットワークです。 高い
DCH ホスティングプロバイダー、データセンター、またはコンテンツ配信ネットワーク。ホスティングプロバイダーとデータセンターは匿名性を提供するのに役立つため、匿名IPデータベースはそれらに関連付けられたIPアドレスにフラグを立てます。
PUB* パブリックプロキシ。これらは、ユーザーに代わって接続要求を行うサービスです。管理者は、指定されたポートでリッスンするようにプロキシサーバーソフトウェアを構成できます。これらはVPNとは異なり、プロキシは通常VPNと比較して機能が制限されています。 高い
WEB Webプロキシ。これらは、ユーザーに代わってWebリクエストを行うWebサービスです。これらは、IPアドレスやその他のポートレベルで動作するのではなく、単純なWebベースのプロキシであるという点でVPNやパブリックプロキシとは異なります。 高い
SES 検索エンジンロボット。これらは、検索エンジンのスパイダーやボットエンジンなど、Webサイトへのクロールまたはスクレイピングを実行するサービスです。
RES 住宅用プロキシ。これらのサービスは、アイドル状態のリソースを共有するためのピアの同意の有無にかかわらず、住宅用ISPを介したプロキシ接続をユーザーに提供します。 高い
*注:IP2Proxy LITEデータベースは、パブリックプロキシ(PUB)IPアドレスに制限されています。 VPN、Tor、検索エンジンロボットなどを含む完全なプロキシ情報をお探しの場合は、 IP2Proxy Commercial Editionを入手してください。

データベースのセットアップ

以下は、IPv4データとIPv6データの両方のデータベースをセットアップする手順です。

データベースの作成

CREATE DATABASE ip2location;
USE ip2location;
CREATE TABLE `ip2location_px9`(
	`ip_from` INT(10) UNSIGNED,
	`ip_to` INT(10) UNSIGNED,
	`proxy_type` VARCHAR(3),
	`country_code` CHAR(2),
	`country_name` VARCHAR(64),
	`region_name` VARCHAR(128),
	`city_name` VARCHAR(128),
	`isp` VARCHAR(256),
	`domain` VARCHAR(128),
	`usage_type` VARCHAR(11),
	`asn` INT(10),
	`as` VARCHAR(256),
	`last_seen` INT(10) UNSIGNED,
	`threat` VARCHAR(128),
	INDEX `idx_ip_from` (`ip_from`),
	INDEX `idx_ip_to` (`ip_to`),
	INDEX `idx_ip_from_to` (`ip_from`, `ip_to`)
) ENGINE=MyISAM DEFAULT CHARSET=utf8 COLLATE=utf8_bin;

データベースのインポート

LOAD DATA LOCAL
	INFILE 'IP2PROXY-LITE-PX9.CSV'
INTO TABLE
	`ip2location_px9`
FIELDS TERMINATED BY ','
ENCLOSED BY '"'
LINES TERMINATED BY '\r\n'
IGNORE 0 LINES;

データベースの作成

CREATE DATABASE ip2location
GO

USE ip2location
GO

CREATE TABLE [ip2location].[dbo].[ip2location_px9](
	[ip_from] bigint NOT NULL,
	[ip_to] bigint NOT NULL,
	[proxy_type] nvarchar(3) NOT NULL,
	[country_code] nvarchar(2) NOT NULL,
	[country_name] nvarchar(64) NOT NULL,
	[region_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[city_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[isp] nvarchar(256) NOT NULL,
	[domain] nvarchar(128) NOT NULL,
	[usage_type] nvarchar(11) NOT NULL,
	[asn] integer NOT NULL,
	[as] nvarchar(256) NOT NULL,
	[last_seen] integer NOT NULL,
	[threat] nvarchar(128) NOT NULL
) ON [PRIMARY]
GO

CREATE CLUSTERED INDEX [ip_to] ON [ip2location].[dbo].[ip2location_px9]([ip_to]) ON [PRIMARY]
GO

データベースのインポート

BULK INSERT [ip2location].[dbo].[ip2location_px9]
FROM '{PATH TO IP2PROXY-LITE-PX9.CSV}'
WITH
(
	FORMATFILE = '{PATH TO PX9.FMT}'
)
GO

注:以下のFMTコードをコピーして、PX9.FMTという名前のファイルとしてコンピューターに保存する必要があります。

12.0
15
1 SQLCHAR 0 1 "\"" 0 first_double_quote  Latin1_General_CI_AI
2 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 1 ip_from "",
3 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 2 ip_to "",
4 SQLCHAR 0 3 "\",\"" 3 proxy_type Latin1_General_CI_AI,
5 SQLCHAR 0 2 "\",\"" 4 country_code Latin1_General_CI_AI,
6 SQLCHAR 0 64 "\",\"" 5 country_name Latin1_General_CI_AI,
7 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 6 region_name Latin1_General_CI_AI,
8 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 7 city_name Latin1_General_CI_AI,
9 SQLCHAR 0 256 "\",\"" 8 isp Latin1_General_CI_AI,
10 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 9 domain Latin1_General_CI_AI,
11 SQLCHAR 0 11 "\",\"" 10 usage_type Latin1_General_CI_AI,
12 SQLCHAR 0 10 "\",\"" 11 asn "",
13 SQLCHAR 0 256 "\",\"" 12 as Latin1_General_CI_AI,
14 SQLCHAR 0 10 "\",\"" 13 last_seen "",
15 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 14 threat Latin1_General_CI_AI

データベースの作成

CREATE DATABASE ip2location WITH ENCODING 'UTF8';
\c ip2location
CREATE TABLE ip2location_px9(
	ip_from bigint NOT NULL,
	ip_to bigint NOT NULL,
	proxy_type character varying(3) NOT NULL,
	country_code character(2) NOT NULL,
	country_name character varying(64) NOT NULL,
	region_name character varying(128) NOT NULL,
	city_name character varying(128) NOT NULL,
	isp character varying(256) NOT NULL,
	domain character varying(128) NOT NULL,
	usage_type character varying(11) NOT NULL,
	asn character integer(10) NOT NULL,
	as character varying(256) NOT NULL,
	last_seen integer(10) NOT NULL,
	threat character varying(128) NOT NULL,
	CONSTRAINT ip2location_db1_pkey PRIMARY KEY (ip_from, ip_to)
);

データベースのインポート

COPY ip2location_px9 FROM 'IP2PROXY-LITE-PX9.CSV' WITH CSV QUOTE AS '"';

データベースの作成

CREATE DATABASE ip2location;
USE ip2location;
CREATE TABLE `ip2location_px9_ipv6`(
	`ip_from` DECIMAL(39,0) UNSIGNED,
	`ip_to` DECIMAL(39,0) UNSIGNED,
	`proxy_type` VARCHAR(3),
	`country_code` CHAR(2),
	`country_name` VARCHAR(64),
	`region_name` VARCHAR(128),
	`city_name` VARCHAR(128),
	`isp` VARCHAR(256),
	`domain` VARCHAR(128),
	`usage_type` VARCHAR(11),
	`asn` INT(10),
	`as` VARCHAR(256),
	`last_seen` INT(10) UNSIGNED,
	`threat` VARCHAR(128),
	INDEX `idx_ip_from` (`ip_from`),
	INDEX `idx_ip_to` (`ip_to`),
	INDEX `idx_ip_from_to` (`ip_from`, `ip_to`)
) ENGINE=MyISAM DEFAULT CHARSET=utf8 COLLATE=utf8_bin;

データベースのインポート

LOAD DATA LOCAL
	INFILE 'IP2PROXY-LITE-PX9.IPV6.CSV'
INTO TABLE
	`ip2location_px9_ipv6`
FIELDS TERMINATED BY ','
ENCLOSED BY '"'
LINES TERMINATED BY '\r\n'
IGNORE 0 LINES;

データベースの作成

CREATE DATABASE ip2location
GO

USE ip2location
GO

CREATE TABLE [ip2location].[dbo].[ip2location_px9_ipv6](
	[ip_from] char(39) NOT NULL,
	[ip_to] char(39) NOT NULL,
	[proxy_type] nvarchar(3) NOT NULL,
	[country_code] nvarchar(2) NOT NULL,
	[country_name] nvarchar(64) NOT NULL,
	[region_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[city_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[isp] nvarchar(256) NOT NULL,
	[domain] nvarchar(128) NOT NULL,
	[usage_type] nvarchar(11) NOT NULL,
	[asn] integer NOT NULL,
	[as] nvarchar(256) NOT NULL,
	[last_seen] integer NOT NULL,
	[threat] nvarchar(128) NOT NULL
) ON [PRIMARY]
GO

CREATE CLUSTERED INDEX [ip_to] ON [ip2location].[dbo].[ip2location_px9_ipv6]([ip_to]) ON [PRIMARY]
GO

データベースのインポート

BULK INSERT [ip2location].[dbo].[ip2location_px9_ipv6]
FROM '{PATH TO IP2PROXY-LITE-PX9.IPV6.CSV}'
WITH
(
	FORMATFILE = '{PATH TO PX9.FMT}'
)
GO

注:以下のFMTコードをコピーして、PX9.FMTという名前のファイルとしてコンピューターに保存する必要があります。 FMTコードの最初の行は、bcpのバージョンを示しています。インストールされているMS-SQLに応じてバージョンを変更してください。

12.0
15
1 SQLCHAR 0 1 "\"" 0 first_double_quote  Latin1_General_CI_AI
2 SQLCHAR 0 39 "\",\"" 1 ip_from "",
3 SQLCHAR 0 39 "\",\"" 2 ip_to "",
4 SQLCHAR 0 3 "\",\"" 3 proxy_type Latin1_General_CI_AI,
5 SQLCHAR 0 2 "\",\"" 4 country_code Latin1_General_CI_AI,
6 SQLCHAR 0 64 "\",\"" 5 country_name Latin1_General_CI_AI,
7 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 6 region_name Latin1_General_CI_AI,
8 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 7 city_name Latin1_General_CI_AI,
9 SQLCHAR 0 256 "\",\"" 8 isp Latin1_General_CI_AI,
10 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 9 domain Latin1_General_CI_AI,
11 SQLCHAR 0 11 "\",\"" 10 usage_type Latin1_General_CI_AI,
12 SQLCHAR 0 10 "\",\"" 11 asn "",
13 SQLCHAR 0 256 "\",\"" 12 as Latin1_General_CI_AI,
14 SQLCHAR 0 10 "\",\"" 13 last_seen "",
15 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 14 threat Latin1_General_CI_AI

データベースの作成

CREATE DATABASE ip2location WITH ENCODING 'UTF8';
\c ip2location
CREATE TABLE ip2location_px9_ipv6(
	ip_from decimal(39,0) NOT NULL,
	ip_to decimal(39,0) NOT NULL,
	proxy_type character varying(3) NOT NULL,
	country_code character(2) NOT NULL,
	country_name character varying(64) NOT NULL,
	region_name character varying(128) NOT NULL,
	city_name character varying(128) NOT NULL,
	isp character varying(256) NOT NULL,
	domain character varying(128) NOT NULL,
	usage_type character varying(11) NOT NULL,
	asn character integer(10) NOT NULL,
	as character varying(256) NOT NULL,
	last_seen integer(10) NOT NULL,
	threat character varying(128) NOT NULL,
	CONSTRAINT ip2location_db1_pkey PRIMARY KEY (ip_from, ip_to)
);

データベースのインポート

COPY ip2location_px9_ipv6 FROM 'IP2PROXY-LITE-PX9.IPV6.CSV' WITH CSV QUOTE AS '"';

AMIと画像

IP2Locationは、データベースを簡単にセットアップするための、無料の事前構成済みですぐに実行できるAMIとイメージを提供します。

サポート

LITE製品に関する技術的な質問/回答を表示するには、 Stack Overflowにアクセスしてください。

ライセンス

データベースのライセンスについては、の一般利用規約を確認してください。

IP2ProxyIPアドレスジオロケーションデータベース

Commercial Editionでは、IPアドレスの検索だけではありません。

  • データ精度の向上
  • 最新のデータベースへのアクセス
  • 電子メールによる追加レベルのサポート
Product Upgrade