IP2Location™ LITE IP-COUNTRY-REGION-CITY-LATITUDE-LONGITUDE Database

前書き

IP2Location LITE Database

このデータベースは、いくつかの簡単な手順で、任意のIPアドレスの国、地域または州、都市、緯度、および経度を判別するためのソリューションを提供します。まず、Webサーバーのネットワークプロトコルまたはサーバー側変数からIPアドレスを取得します。次に、IPアドレスを10進形式のIP番号に変換して、データベースクエリを高速化します。最後に、IP2Location™データベースからIP番号を逆引きして、正確な地理的位置を特定します。

このデータの使用について次のように言及することにより、帰属が必要となる個人的または商業的使用は無料です。

高いデータ精度、より多くの記録、カスタマーサポートをお探しの場合は、商用版を入手してください。詳細については、製品比較ページをご覧ください。

特徴

IPアドレスを国、地域または州、都市、緯度、経度に変換します。

現行版 July 2022
データベースサイズ 42.02 MB (2,735,433 行)
アレイ およびバイナリ(BIN)
ASCIIテキストファイル(CSV)

データベースフィールド

名前 タイプ 説明
ip_from INT (10) / DECIMAL (39,0)†† 最初のIPアドレスはnetblockを示しています。
ip_to INT (10) / DECIMAL (39,0)†† 最後のIPアドレスはnetblockを示しています。
country_code CHAR(2) ISO3166に基づく2文字の国コード。
country_name VARCHAR(64) ISO3166に基づく国名。
region_name VARCHAR(128) 地域または州の名前。
city_name VARCHAR(128) 市の名前。
latitude DOUBLE††† 都市の緯度。都市が不明な場合、デフォルトで首都の緯度になります。
longitude DOUBLE††† 都市の経度。都市が不明な場合、デフォルトで首都の経度になります。

IPv4
†† IPv6
††† Latitude and Longitude are often near the center of population. These values are not precise and should not be used to identify a particular address or household.

データベースのセットアップ

以下は、IPv4データとIPv6データの両方のデータベースをセットアップする手順です。

データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location;
USE ip2location;
CREATE TABLE `ip2location_db5`(
	`ip_from` INT(10) UNSIGNED,
	`ip_to` INT(10) UNSIGNED,
	`country_code` CHAR(2),
	`country_name` VARCHAR(64),
	`region_name` VARCHAR(128),
	`city_name` VARCHAR(128),
	`latitude` DOUBLE,
	`longitude` DOUBLE,
	INDEX `idx_ip_from` (`ip_from`),
	INDEX `idx_ip_to` (`ip_to`),
	INDEX `idx_ip_from_to` (`ip_from`, `ip_to`)
) ENGINE=MyISAM DEFAULT CHARSET=utf8 COLLATE=utf8_bin;
データベースのインポート
LOAD DATA LOCAL
	INFILE 'IP2LOCATION-LITE-DB5.CSV'
INTO TABLE
	`ip2location_db5`
FIELDS TERMINATED BY ','
ENCLOSED BY '"'
LINES TERMINATED BY '\r\n'
IGNORE 0 LINES;
データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location
GO

USE ip2location
GO

CREATE TABLE [ip2location].[dbo].[ip2location_db5](
	[ip_from] bigint NOT NULL,
	[ip_to] bigint NOT NULL,
	[country_code] nvarchar(2) NOT NULL,
	[country_name] nvarchar(64) NOT NULL,
	[region_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[city_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[latitude] float NOT NULL,
	[longitude] float NOT NULL
) ON [PRIMARY]
GO

CREATE CLUSTERED INDEX [ip_to] ON [ip2location].[dbo].[ip2location_db5]([ip_to]) ON [PRIMARY]
GO
データベースのインポート
BULK INSERT [ip2location].[dbo].[ip2location_db5]
FROM '{PATH TO IP2LOCATION-LITE-DB5.CSV}'
WITH
(
	FORMATFILE = '{PATH TO DB5.FMT}'
)
GO

注:以下のFMTコードをコピーして、DB5.FMTという名前のファイルとしてコンピューターに保存する必要があります。

12.0
9
1 SQLCHAR 0 1 "\"" 0 first_double_quote  Latin1_General_CI_AI
2 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 1 ip_from "",
3 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 2 ip_to "",
4 SQLCHAR 0 2 "\",\"" 3 country_code Latin1_General_CI_AI,
5 SQLCHAR 0 64 "\",\"" 4 country_name Latin1_General_CI_AI,
6 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 5 region_name Latin1_General_CI_AI,
7 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 6 city_name Latin1_General_CI_AI,
8 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 7 latitude "",
9 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 8 longitude ""

データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location WITH ENCODING 'UTF8';
\c ip2location
CREATE TABLE ip2location_db5(
	ip_from bigint NOT NULL,
	ip_to bigint NOT NULL,
	country_code character(2) NOT NULL,
	country_name character varying(64) NOT NULL,
	region_name character varying(128) NOT NULL,
	city_name character varying(128) NOT NULL,
	latitude real NOT NULL,
	longitude real NOT NULL,
	CONSTRAINT ip2location_db1_pkey PRIMARY KEY (ip_from, ip_to)
);
データベースのインポート
COPY ip2location_db5 FROM 'IP2LOCATION-LITE-DB5.CSV' WITH CSV QUOTE AS '"';
データベースのインポート
mongoimport -u USERNAME -p PASSWORD --authenticationDatabase admin --drop --db ip2location --collection ip2location_db5 --type csv --file "IP2LOCATION-LITE-DB5.CSV" --fields ip_from,ip_to,country_code,country_name,region_name,city_name,latitude,longitude
データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location;
USE ip2location;
CREATE TABLE `ip2location_db5_ipv6`(
	`ip_from` DECIMAL(39,0) UNSIGNED,
	`ip_to` DECIMAL(39,0) UNSIGNED,
	`country_code` CHAR(2),
	`country_name` VARCHAR(64),
	`region_name` VARCHAR(128),
	`city_name` VARCHAR(128),
	`latitude` DOUBLE,
	`longitude` DOUBLE,
	INDEX `idx_ip_from` (`ip_from`),
	INDEX `idx_ip_to` (`ip_to`),
	INDEX `idx_ip_from_to` (`ip_from`, `ip_to`)
) ENGINE=MyISAM DEFAULT CHARSET=utf8 COLLATE=utf8_bin;
データベースのインポート
LOAD DATA LOCAL
	INFILE 'IP2LOCATION-LITE-DB5.IPV6.CSV'
INTO TABLE
	`ip2location_db5_ipv6`
FIELDS TERMINATED BY ','
ENCLOSED BY '"'
LINES TERMINATED BY '\r\n'
IGNORE 0 LINES;
データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location
GO

USE ip2location
GO

CREATE TABLE [ip2location].[dbo].[ip2location_db5_ipv6](
	[ip_from] char(39) NOT NULL,
	[ip_to] char(39) NOT NULL,
	[country_code] nvarchar(2) NOT NULL,
	[country_name] nvarchar(64) NOT NULL,
	[region_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[city_name] nvarchar(128) NOT NULL,
	[latitude] float NOT NULL,
	[longitude] float NOT NULL
) ON [PRIMARY]
GO

CREATE CLUSTERED INDEX [ip_to] ON [ip2location].[dbo].[ip2location_db5_ipv6]([ip_to]) ON [PRIMARY]
GO
データベースのインポート
BULK INSERT [ip2location].[dbo].[ip2location_db5_ipv6]
FROM '{PATH TO IP2LOCATION-LITE-DB5.IPV6.CSV}'
WITH
(
	FORMATFILE = '{PATH TO DB5.FMT}'
)
GO

注:以下のFMTコードをコピーして、DB5.FMTという名前のファイルとしてコンピューターに保存する必要があります。 FMTコードの最初の行は、bcpのバージョンを示しています。インストールされているMS-SQLに応じてバージョンを変更してください。

12.0
9
1 SQLCHAR 0 1 "\"" 0 first_double_quote  Latin1_General_CI_AI
2 SQLCHAR 0 39 "\",\"" 1 ip_from "",
3 SQLCHAR 0 39 "\",\"" 2 ip_to "",
4 SQLCHAR 0 2 "\",\"" 3 country_code Latin1_General_CI_AI,
5 SQLCHAR 0 64 "\",\"" 4 country_name Latin1_General_CI_AI,
6 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 5 region_name Latin1_General_CI_AI,
7 SQLCHAR 0 128 "\",\"" 6 city_name Latin1_General_CI_AI,
8 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 7 latitude "",
9 SQLCHAR 0 20 "\",\"" 8 longitude ""

データベースの作成
CREATE DATABASE ip2location WITH ENCODING 'UTF8';
\c ip2location
CREATE TABLE ip2location_db5_ipv6(
	ip_from decimal(39,0) NOT NULL,
	ip_to decimal(39,0) NOT NULL,
	country_code character(2) NOT NULL,
	country_name character varying(64) NOT NULL,
	region_name character varying(128) NOT NULL,
	city_name character varying(128) NOT NULL,
	latitude real NOT NULL,
	longitude real NOT NULL,
	CONSTRAINT ip2location_db1_pkey PRIMARY KEY (ip_from, ip_to)
);
データベースのインポート
COPY ip2location_db5_ipv6 FROM 'IP2LOCATION-LITE-DB5.IPV6.CSV' WITH CSV QUOTE AS '"';
データベースのインポート
mongoimport -u USERNAME -p PASSWORD --authenticationDatabase admin --drop --db ip2location --collection ip2location_db5_ipv6 --type csv --file "IP2LOCATION-LITE-DB5.IPV6.CSV" --fields ip_from,ip_to,country_code,country_name,region_name,city_name,latitude,longitude

AMIと画像

IP2Locationは、データベースを簡単にセットアップするための、無料の事前構成済みですぐに実行できるAMIとイメージを提供します。

サポート

LITE製品に関する技術的な質問/回答を表示するには、 Stack Overflowにアクセスしてください。

ライセンス

データベースのライセンスについては、の一般利用規約を確認してください。

IP2Location™IPアドレスジオロケーションデータベース

Commercial Editionでは、IPアドレスの検索だけではありません。

  • データ精度の向上
  • 最新のデータベースへのアクセス
  • 電子メールによる追加レベルのサポート
Product Upgrade